プロミス審査

プロミス審査に通過するために必要な事とは?

プロミス審査

 

 

キャッシングの利用では、プロミス審査についても検討している方はいますよね。
プロミス審査の基準はどのようになっているのでしょうか。

 

キャッシング会社の審査については、その内容がわからないようになっていますので、個別の案件によって、結果が変わることにはなります。
そのため審査結果にかかる時間も人によって違っているということですね。
公式サイトには、自動審査を受けると審査結果が即回答にはなっていますが、契約可能額がわかるのに最短でも30分が必要となっていますので、状況と内容によっては違うということですね。
いくつかプランがある中で、よく利用されるのはフリーキャッシングになっていますが、主婦や学生でも安定した収入があれば、申し込み可能になっていますね。
本人証明だけ持っていればいいので手軽でもあります。

 

申込金額が50万円を超えたり、他社と合わせて100万円を超えるときだけ、収入を証明できるものが必要なりますので把握しておきましょう。
申し込み方法は、8通りありますけど、スピーディに即日融資をしたいと考えるのなら、パソコンからアクセスするようにした方がいいでしょう。
このときに添付する書類は、スキャナーやデジカメ等でとって、パソコンに取り込めばいいので別で郵送しなくてはいけないということではありません。
利息も日数計算方式になっていて、早く返すと無駄な利息を支払わなくていいのはメリットです。
利用限度額がどの程度になるかが気になりますが、公式サイトで明らかにしているのは、年収や利用実績に寄って変動するということですね。
その範囲内ですと、何回でもキャッシングが出来ますので、ほとんどの方は多めの利用限度額を希望しています。
最初は、あまり多くないとしても、プロミスに利用限度額変更の申し込みをして、別の審査に通過すると許可されるようになりますよ。
限度額50万円以上を希望していると、この審査では収入証明書類を提出し直すこともありますね。
利用方法がわからない時の問い合わせをするにも女性は電話をしにくいと感じることがありますが、女性専用ダイヤルも設置していますし、女性用にレディースキャッシングというプランもあります。
サービスとしまして30日間無利息というのがありますので、これに注目してプロミスを検討していることもあるようですよ。
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
プロミス審査を受けた後の、プロミスから受けられるサービスには人気があると思っていいでしょう。

 

モビット審査と比較

比較としてモビット審査とプロミス審査では、どういった違いがあるのかを見て行きましょう。
モビットも銀行をバックボーンとしていて、安心してキャッシング出来るところですね。
金利も特別高い設定にはなっていませんし、特徴としてネットで完結する方法だと、郵送物が届かなくていいということがあります。
サラリーマンやOLさんでも利用希望者はいますが、この在籍確認が気になって、キャッシングの申込がしにくい時もあります。
このようなことからモビットを選んでいる人もいますよ。
郵送物がないと思っていても、利用する提携ATMにより利用明細が郵送されてしまうこともあるので、ATM検索機能で確認しておきましょう。
貸金業法で定められていますので、避ける事が出来ないものとなっています。
振込キャッシングとして利用するときには、会員専用ページから手配をすることになっていますが、あらかじめ銀行口座の登録をしていると利用しやすくなりますので、これは準備しておくといいですね。
契約が完了していると、電話からでも振込キャッシングの以来は出来ますので、ケースに応じて対応してくれるのがいいと思います。
急ぎでなければカード発行もしてもらっておくと多様な使い方が出来るようになります。
モビットでのキャッシングを具体的に検討するのなら、借入診断がありますので、一度、借り入れが出来るかどうかを確認しているといいですね。
本審査は内容が変わりますので、借入診断必ず反映されるとは言い切れず、参考程度になりますが先にわかっていると安心できますよ。
モビットで10万円を借りて30日間利用した時に金利が18.0%だとすると、その利息は1,479円にしかならないですね。
公式サイトでも公表していますので、利息が大きくなり過ぎないことがわかります。
返済は計画的にしなくてはいけませんので、モビットの公式サイトで返済シミュレーションを利用するか、モビットスタッフに相談することも出来ます。
電話についてはスタッフ対応の営業時間が決まっていますので、時間内に電話をした方がいいでしょう。

シミュレーションでは参考としての金額表示がされますが、目安にはなりますので便利ですよ。

プロミスの審査について

プロミスについても銀行がバックボーンになっていますね。
利用しやすい金利ですし、初回利用については30日間無利息サービスが行われています。
在籍確認については、ネットで完結する方法でも行われていますので、さけられないでしょう。
かかってくる電話は、プロミスとは名乗りませんし、個人名でかけてくれますので、気になるようなら自分で電話を取るか、予めクレジットの申込をしたので電話が来るなどと話しておくといいですね。
やましいことではありませんが、正社員でお勤めのときには気になることもあるでしょう。
担保も保証人も必要ないキャッシングが安心してできるのであれば、プロミスに関してはこの在籍確認も必要なのだと思っているといいでしょう。
プロミス審査の特徴的なところとして、振込キャッシングで利用するときに受付時間によっては振込完了機関が非常に早いというところがあります。
9:00〜14:50の間で素早く振り込みが完了してしまうのが便利でいいと言われます。
三井住友銀行やジャパンネット銀行だと、どの時間帯でもスピーディな振り込みが待てますよ。
「平日14時までにWEB契約完了が必要です」
メンテナンス時間帯にぶつかってしまうと、この便利さが実感できないでしょうから、利用時間帯については検討するといいですね。
カードの発行はほとんどの利用者が受けていますので、プロミスATMと提携ATMを併せて利用していくと使い道が広くて便利になっていきます。
提携ATMでは一分手数料がかかることもありますので、賢い利用をオススメしたいです。
コンビニATMでのメディア端末を利用しても手数料0円で返済できる機能もあります。
金融機関によってキャッシング、もしくは返済が出来るかどうかが異なっていますので、公式サイトを確認しながら利用してみてください。
プロミスにもお借り入れ診断の機能があって、借り入れを検討している人が利用しています。

同じく本審査に直結するものではありませんので、借り入れ診断がOKなら本審査が通るとは限らないですね。
プロミスの公式サイトでも公表していますが、10万円を30日間利用して金利が17.8%になっていると、金利は1,463円となっています。
モビット同様に利息が大きな負担になりにくいのが特徴だと言えます。
プロミスでも公式サイトには返済についてのシミュレーションが出来るようになっています。
プロミスコールに電話をしたり、お客様サービスプラザでもスタッフと相談しながら返済計画を検討できますので、気軽に相談してみましょう。
返済日お知らせメールも送信しているので、登録しておくと指定の日時に返済期日連絡が送られてきます。
各社によって十分なサービスが用意されていますが、ご自分で利用しやすいほうが選べるようにしたいですね。